家計見直しナビ

新型コロナ感染対策にも◎「スマホ決済」の“上手な使い方”を消費生活のプロが解説!(4/24オンエア)

新型コロナ感染対策にも◎「スマホ決済」の“上手な使い方”を消費生活のプロが解説!

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週金曜日に放送している「家計見直しナビ presents おさいふ相談室」は、リスナーから寄せられたお金の疑問や悩みに専門家が回答し、より良いお金の使い方や、お金に対する不安を減らす方法を学ぶことができるコーナーです。4月24日(金)の放送は、お休みの住吉に代わり、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめ、消費生活評論家・岩田昭男さんがリスナーの質問に答えました。

目次

「絶対に損をしない、初心者でも得する「〇〇Pay」の使い方を教えてください!」(リスナーからの質問)

面倒くさがりな性分の私ですが、時代の流れに逆らえず、また友人の勧めもあり「PayPay」(スマホ決済サービス)デビューをしました。しかし、世の中の「〇〇Pay」の多さに脳がシャットダウンしてしまって、上手に使いこなせる自信がありません。絶対に損をしない、初心者でも得する「〇〇Pay」の使い方を教えてください(埼玉県 女性 会社員)

吉田:同じお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか? 実は、私もその1人です。今は「〇〇Pay」キャンペーンもたくさんやっていますが、数が多すぎて“どれを使ったらいいのか……”と悩んでおります。今、電子マネーとクレジットカードのみの生活なので、このタイミングで「○○Pay」デビューしたいと思います。

今回は、消費生活評論家でクレジットカード業界や電子マネーについての書籍も数多く出されている岩田昭男さんにお答えいただきました。

これだけやっていれば大丈夫!「〇〇Pay」との上手な付き合い方

岩田:“ポイントの二重取り”ができる使い方をオススメしています。ポイントは2つあります。

1、ポイント還元事業の対象店(=中小の小売店)で5%のポイントをゲットする

キャッシュレス・ポイント還元事業に加盟店登録をしている中小企業・小規模事業者が経営する小売店などで使用した場合、5%のポイント還元を受けることができます。

2、「PayPay」独自に5%還元キャンペーンを実施しているときにポイントをゲットする

(不定期で開催される)「PayPay」キャンペーン期間中に使用すれば、上記①と②合計10%のポイント還元を受けることができます。

このように二重取りを狙うのがコツです。

ただ、「〇〇Pay」を使う際は、“なぜそれを使うか”という理由がないと、継続して使うのが難しいです。そういう意味で言うと、例えば「LINE」(コミュニケーションアプリ)や「メルカリ」(フリマアプリ)使用している人であれば、「LINE pay」や「メルペイ」など各サービスが提供する決済サービスを使うのがオススメです。

初心者が気をつけるべきことは?

岩田:ポイントは2つあります。

1、使い過ぎ防止のため毎日(毎月)の利用額を決めておく

どうしても使いすぎてしまう場合があります。例えば、クレジットカードはカード会社が限度額を設定していますが、その限度額を丸々使うことはせず、できれば自分なりに金額を設定しておくことが上手な使い方です。

2、フィッシングメールに注意!

例えば、新規の決済サービスを始めるときに、さまざまなメールが届きます。同タイミングで身に覚えのないメールを受け取った際に、リンクをむやみにクリックしないように注意していただきたいと思います。

吉田:確かに。サインや暗証番号もいらない「○○Pay」だと、お買い物をしている感覚がなくなってしまう可能性もありますよね。使いすぎには気を付けたほうがよさそうですね。

ちなみに、岩田さんいわく、セキュリティに関しては、電子マネーが1番安心とのことです。心配であれば「前払い式」にしておくと、いざというときの被害額も少なくて済むそうです。

そして、このタイミングでキャッシュレス決済を使うメリットの1つに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐという点もあります。現金を使っていると感染リスクが上がりますが、キャッシュレスなら、自分のカードやスマホを使用するので、「そのあたりは安心して使用できます」とのことでした。

番組ではお金や家計のお悩みを絶賛大募集中です!

日常のお金にまつわるお悩み・相談・疑問・気になることなど、何でもお寄せください!
投稿は「こちら」から!

<番組概要>
放送局:TOKYO FM
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

家計に関わるお金のこと、色々調べたけど
どこから手をつけていいかわからないという方へ

関連記事

新着記事

TOP