家計見直しナビ

家計を助ける
お役立ち情報をご紹介します!

@kakeinavi

「介護費用」どのくらい必要? 自宅or施設でかかる費用の差は? “お金のプロ”が解説!(11/20オンエア)

「介護費用」どのくらい必要? 自宅or施設でかかる費用の差は?

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週金曜日に放送している「家計見直しナビ presents おさいふ相談室」は、リスナーから寄せられたお金の疑問や悩みに専門家が回答し、より良いお金の使い方や、お金に対する不安を減らす方法を学ぶことができるコーナーです。11月20日(金)の放送は、ファイナンシャルプランナー・坂本綾子さんがリスナーの質問に答えました。

目次

「介護に必要なことって?介護費用や介護保険の仕組みを知っておきたい!」(リスナーの質問)

とても漠然とした悩みで恐縮ですが、両親がそろそろ介護を必要とする年齢になります。事前知識として、介護費用や介護保険の仕組みを知っておいたほうがいいと思い始めているのですが、何から調べて備えたらいいのか分からず悩んでいます(神奈川県 41歳 女性 会社員)

住吉:ご両親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、人間ですから当然老いはやってきますし、介護が必要になることもあります。相談者さんのように、漠然とした不安を抱いている方は多いかもしれません。今週は「介護のための予備知識」を伺いました。

まずは基本!「公的介護保険制度」の仕組みについて

坂本:40歳以上になると健康保険料に加えて介護保険料を支払い、原則65歳以上になると介護サービスを受けられます。月当たりに受けられる介護費用の上限があり、介護が必要な状態であると認定された場合は1~3割の自己負担(通常1割負担、収入が多い場合は2割、3割負担)で公的介護サービスを利用できます。例えば5万円の介護サービスを受ける際、通常1割の自己負担は5,000円になります。

介護サービスを受けるには、自治体の窓口に申請しに行って、主治医の意見書および認定のための調査で要支援・要介護認定を受けることが必要です。

要支援1・2、要介護1~5の介護度7段階に応じた介護を受けられます(実際に受けられる介護の内容は、ケアマネージャーがプランを立てます)。

住吉:“窓口に申請して認定を受ける必要がある”というところが要注意ですね。

一般的な介護費用、どのくらい必要?

<ご自宅に住まわれる場合>

介護度によりますが、公的な介護保険を利用する場合の自己負担は月5,000円~3万6,000円程度です(自治体により多少の差があります)。例えば、平均月1万5,000円の介護費用で5年間介護を受けたら、1万5,000円×12ヵ月×5年=90万円が総額。

<施設に入った場合>

上記の介護費用プラス施設の利用料(家賃にあたる部分)が月数万円~30万円ほどかかり、食費は月数万円ほどかかります。ただし、民間の有料老人ホームなどでは、一時金や入居金が数百万、数千万円かかるところもあります。

住吉:介護にかかる費用は、介護サービスを受ける本人が負担するのが原則ですが、元気なうちに話し合っておくことが必要かもしれませんね。

番組ではお金や家計のお悩みを絶賛大募集中です!

日常のお金にまつわるお悩み・相談・疑問・気になることなど、何でもお寄せください! 投稿は「こちら」から!

<番組概要> 放送局:TOKYO FM 番組名:Blue Ocean 放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00 パーソナリティ:住吉美紀 番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

家計に関わるお金のこと、色々調べたけど
どこから手をつけていいかわからないという方へ

関連記事

新着記事

TOP