家計見直しナビ

家計を助ける
お役立ち情報をご紹介します!

@kakeinavi

「認知症」などで「お金の管理」ができなくなったら…単身者の悩みに“お金のプロ”が回答(2/19オンエア)

「認知症」などで「お金の管理」ができなくなったら…単身者の悩みに“お金のプロ”が回答

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週金曜日に放送している「家計見直しナビ presents おさいふ相談室」は、リスナーから寄せられたお金の疑問や悩みに専門家が回答し、より良いお金の使い方や、お金に対する不安を減らす方法を学ぶことができるコーナーです。2月19日(金)の放送は、ファイナンシャルプランナーの國松典子さんがリスナーの質問に答えました。

目次

単身者が重い病気によって判断能力がなくなった場合、お金の管理は誰に頼めばいいの?(リスナーの相談)

「家計」「お金」といったお悩み相談というと、どちらかというとお子さんがいるご家庭のお話が多いように思いますが、私のような単身者にも当然悩みがあります。私には兄弟がいません。万一、アルツハイマーや重い病気になって判断能力がなくなった場合は、誰にお金の管理をお願いしていいのか……。漠然とですが、今年40歳になって考えるようになりました。そういう日が、ある日突然訪れるかもしれないと思うと、そろそろ真面目に考えたほうが良いですよね。皆さんがどうしているのか、どういった方法があるのか、ぜひ教えていただきたいです(東京都 会社員 40歳 女性)

自分でお金の管理ができなくなったら…預金などは誰が管理するの?

國松:認知症や寝たきりなどで判断能力が衰えて自分の意思が示せなくなると、原則的に預貯金は凍結、つまり自由に出し入れすることができなくなります。

認知症などで判断能力が不十分な方のために、「成年後見制度」という制度があります。

  • 成年後見制度」とは?
    ⇒本人に代わって法的に権限を与えられた人が財産管理や契約手続きをおこないます。
    第三者が認知症の方の後見人として財産を見守るため”お金の介護”ともいえます。

この「成年後見制度」には2通りあります。

  • 法定後見制度
    ⇒既に認知症になってしまったときの制度です。
    ※本人の判断能力が低下してからでないと利用することができません。
    ※親族が「介護サービスや施設の利用契約ができない」「不動産の売却契約ができない」という状況から、裁判所に申し立てをするケースが多いです。
  • 任意後見制度
    ⇒今回の相談者さんのように、今は元気だけれども、早めに対策をされたい方が検討したいときの制度です。
    ※いざというときのために、予め自分で後見人を選んで将来の財産管理を任せる契約を結ぶことができます。

住吉:先日、「全国銀行協会が、認知機能が低下した高齢者に代わり、親族でも条件付きで預金を引き出すことを認める」というニュースもありました。法定後見制度は、家庭裁判所を通すなど手続きが煩雑で、費用もかさむので、使い勝手としては課題も多くあるとのこと。その意味では、あらかじめ契約を結ぶことができる任意後見制度が安心かもしれません。

任意後見制度…誰に頼めるの? どんなことを任せられるの?

誰に頼めるのか?

國松:家族や知人、弁護士や司法書士といった専門家に頼むことが可能です。
⇒個人に頼む場合は、信頼できるかはもちろん、仕事が忙しくないか、遠くないかなどの確認が必要です。
⇒複数の後見人を立てることも可能です。

誰に頼むかは慎重に考えたいところですね。

費用は?

任意後見制度の利用に関する費用として、公証役場での手数料(数万円)と、実際に後見業務がスタートした後に任意後見人等への報酬が発生します。
⇒報酬は予め決めておくことができ、老後の備えとして費用が予測しやすい制度といえます。

委任できる内容は?

預貯金の管理や年金・手当などの受取り、医療機関の入院手続き・費用の支払い、介護サービスの契約や手続き・費用の支払いなどを任せることができます。認知能力が不安になってきたら、まずはお住まいの地域の自治体に相談してみると良いでしょう。

住吉:自治体の福祉サービスの一環として、成年後見制度の講習会や相談を受け付けるところもあるそうです。また、地域の社会福祉協議会等が窓口となる「日常生活自立支援事業」では、判断能力が不十分なために支援が必要な方への支援をおこなっています。

「日常生活自立支援事業」とは?

判断能力が不十分なために支援が必要な方を対象として、福祉サービス利用援助事業が社会福祉協議会等でおこなわれています。生活費の払出しや家賃や公共料金の支払いといった日常的金銭管理サービスのほか、年金証書や実印などの重要書類の預かりサービス、福祉サービス利用に関する利用手続きや利用料支払いなどをサポートしてくれます。

まずは、お住まいの地域の自治体に相談してみるといいかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください!

番組ではお金や家計のお悩みを絶賛大募集中です!

日常のお金にまつわるお悩み・相談・疑問・気になることなど、何でもお寄せください! 投稿は「こちら」から!

<番組概要> 放送局:TOKYO FM 番組名:Blue Ocean 放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00 パーソナリティ:住吉美紀 番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

家計に関わるお金のこと、色々調べたけど
どこから手をつけていいかわからないという方へ

関連記事

新着記事

TOP